心も身体も満たされたい…輝きたい女の子のための応援ブログ-ラブジュース

Love juice

女子のエッチトーク

女子の憧れ。中イキSEXで心と体を美しく♪オーガズムに達するための6つ知識♪

更新日:

あなたは今、満足したSEXをしていますか?

満足したSEXとは何か?


なかなか難しいテーマではあると思いますが、一つのラインとして一般的にオーガズムに達するかどうかがポイントになるのは間違いないでしょう。

オーガズムに達する=イク
この『イク』ということが分からない、イったことがない女性も珍しくはありません。
オーガズムに達する事で美人ホルモンが分泌され肌、艶が良くなり美しい女性の魅力を得ることができます。

今回は『イク』の代表『中イキ』と『外イキ』についてまとめていきます。

このサイトは、あなたが美しい女性として輝けるお手伝いを目的としたちょっとエッチなサイトです。

目次

  1. オーガズムとは何か?
  2. イクという感覚
  3. 外イキとは何か?
  4. 中イキとは何か?
  5. 中イキの方法について
  6. イケない女性の欲求の解消
  7. まとめ

1. オーガズムとは何か?

あなたはオーガズムという言葉を聞いたことがありますか?
性に興味のある方は聞いたことがあるのではないでしょうか?

オーガズム』とは一体どのような意味を持つのでしょうか?

  • 累積的な性的緊張からの突然の解放のことであり、骨盤まわりの筋肉のリズミカルな痙攣を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至るもののことであり、また一面では、喜びを感じ、ゆだねるという心理的な経験であり、その時、心はもっぱら自分の個人的な体験だけに向けられているものである
  • 全身の骨格筋の収縮、過度呼吸、心悸亢進、および骨盤まわりの筋肉のリズミカルな収縮を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至ること
    引用:Wikipedia

上記がオーガズムに対してのWikipediaの説明です。
少し難しいいい回しをしていますが、簡単にいうと『性的絶頂』ということになります。

実はこの性的絶頂を知らない女性が、世の中には半数あるいは、半数以上いるともいわれています。
わたしもそのうちの一人でした。

それでは、『オーガズム=イク』ということがどのような事なのか、実体験を織り交ぜながら考えていきたいと思います♪

2. イクという感覚

女性は男性と違って射精をしません。
男性は射精をすることがイクという線引きができるのですが、女性はその線引きができません。

女性の『イクは感覚で表現するしかないのですが、その感覚表現が難しい…

そこで、わたしが感じている『イク』を表現してみたいと思います♪

  • 絶頂を迎える瞬間頭の中が真っ白になり前後の記憶がなくなり、ただ絶叫!
    もしも自分の『気持ちいいメーター』があったとして、全体の80%を超えたあたりから徐々に思考が、『気持ち良すぎる』に変わり、90%付近で思考が止まります。
    100%に達するころには『気持ちいい』を通り越して、イッた自覚はあるが詳細はわからず絶叫するのみ…。
    パートナーから聞いて初めてその時の状況を理解することが多いです。(汗)
  • 自分で自分をコントロールできなくなる。
    絶頂を迎えると同時に自分の意思で体を動かすことが不可能になります。
    完全にパートナーに体を委ねるため、信頼関係が深くなりますね♪
  • 全身に鳥肌が立ち、パートナー視点からもイッたことが分かる。
    女性が絶頂に達すると、体の筋肉が一瞬、収縮と弛緩(しかん)を繰り返します。
    イク表現で使われる『ビクビク』するが、収縮と弛緩を表現しているのですね♪
    しかし、これも個人差があるため、反応が少ない場合もあるので見た目に分かりにくいのですが、鳥肌は一目で分かるため、パートナーの興奮度合いも高まり更に絶頂を与えてくれます。
  • 自分の意思とは関係なく、体液が漏れ出てしまう。
    これは必ず漏れ出てしまうかというとそうではないのですが、その時の状況(雰囲気、シチュエーション、欲求のたまり具合など)によって、行為中に『絶対漏れた…』といった感覚になり実際に漏れ出ていることもしばしば…。
    それとは別に絶頂を迎える頃には思考が止まり記憶もなくなるので、思考が戻ると同時に漏れ出していた事実を知ることも多々あります。(笑)

上記がわたしの『イク』とは何か?になります。恥ずかしい…。。


わたしでこれだけの表現ができるので、他にもさまざまな『イク』があるのだと思います。
いろいろな『イク』があるからこそ『イク』ということが分かりにくいのではないかと個人的に思いますね。(汗)
男性のように射精できれば分かりやすいのですが…。

それではイキ方について考えていきましょう♪

3. 外イキ(クリイキ)とは何か?

外イキとは女性器の陰核(いんかく、クリトリス)は、刺激することで絶頂に達することをいいます。
このため『外イキをクリイキ』とも表現されることがあります。
人の女性器を含む哺乳類の雌(メス)の性器に備わる小さな突起で、男性の陰茎(ペニス)に相当するそうです。

Wikipedia:陰核より

クリトリスは非常に敏感な部位で、触れたり触れられたりすると電気が走るような感覚を受けます。
この感覚が持続するとイクことができます。
個人的には比較的クリイキに関しては体感しやすいと思います。

外イキの感覚は以下。。

  • クリトリスを中心に全身に電撃が走り体中が麻痺する感覚。
    触れたり触れられた瞬間から即座に快感が押し寄せるイメージ。
  • イク瞬間が分かりやすい。
    快感を連続的に持続させることにより、快感の向こう側が嫌でも見えてしまう。(笑)
  • 気持ちいい瞬間は一瞬で、徐々に快感が覚めてくる。
    絶頂に達しやすいが、冷めやすいので快感が持続しない…。物足りない…(笑)
  • イッたあとの爽快感がある。
    スッキリ気分爽快な状態。
    男性の射精後の感覚に近いのかもしれませんね。
  • イッたあとはクリトリスが麻痺しているのでくすぐったくて、連続していけないが時間を置くとまたイケる。
    快感が残っている状態で、更に刺激されると気持ちいいがくすぐったいに変わる瞬間がある。
    くすぐったいと思ってしまうと、時間を置かないとイケない。

外イキについては刺激を与えると気持ちいい部分が分かりやすいので、ピンポイントで快感を得やすいですね♪

4. 中イキとは何か?

外イキのほかに『中イキがあります♪
中イキは主に膣内を刺激することでオーガズムを得られることから中イキ』と呼ぶのですね。
実はこの、中イキ。
経験したことがない女性がたくさんいるのです。

実際にインターネットの検索で『中イキ』と検索すると、中イキに関しての考察サイトがたくさん出てきます。
わたしもずっと外イキしか知りませんでした。
しかし中イキをさせてくれるパートナーと出会ったことで、噂の中イキを体験することができたのです。
その時の衝撃は想像以上でした…。

中イキを例えるなら…

  • じわじわ快感が押し寄せる。
    ゆっくりと海岸に近づく波のように、じんわりじんわり快感が打ち寄せてくるイメージ。
  • イキ始まると制御不能。
    一度中イキでオーガズムを得ると、連続してイってしまう。
    中イキ後は全身が性感帯になってしまう。

  • 体が勝手にのけぞるし、声も勝手に出てしまう。
    おとなしくイクことができない。
    体がじっとしていられなくなり、抑え込まれると快感が倍増する。

  • 脳がとろける感覚。
    オーガズムでこの上ない幸福感を得られる。
    脳が快感を覚えてしまい、中イキした時の状況を思い出すだけで、愛液が溢れ出てくる。

わたしは幸いなことに『外イキ』と『中イキ』を経験しています。
どちらが気持ちがいいかと聞かれたら、迷わず『中イキと答えます。(笑)
そのくらいのオーガズムです。

ちなみに、中イキをさせてくれる男性を中イキ男子と呼ぶそうですね。(笑)
中イキ男子は貴重な存在です!
幸福感を与えてくれるのですから♪

5. 中イキの方法について

中イキを知らない女性にとって気になるのは、中イキがどうすればできるようになるかですよね。
中イキについてインターネットで検索をすると数多くのサイトで紹介されていることが分かります。
見ていくと、『ポルチオ』や『Gスポット』を刺激すると中イキがしやすいなど書かれています。

ポルチオ』や『Gスポット』って分かりますか?
このブログに行きついている方はご存知ですよね♪
わたしの個人的視点でまとめてみますね。

  • ポルチオ
    子宮口入り口の山状に盛り上がった部分。
    この部分は非常に敏感で人によっては『痛い』と感じる場合がある。
    ポルチオまでの距離には個人差があり、指の長さによって自分で刺激することができない。(わたしは指が短いので届きませんでした。(泣))
    ポルチオの刺激が快感だと思えてから、クリイキ(外イキ)しにくくなってしまった。
    中イキに関係がある部位なので、『中イキを開発するには?』などのサイトが多く存在している。
    クリトリスよりも遥かに気持ちがいい。
  • Gスポット
    膣に向かって手のひらを上にした状態で中指を入れ、指の第二関節まで入れたらそこで指を曲げる。曲げた指先のザラザラした場所がGスポットといわれている。
    Gスポットを刺激すると、自分の意思とは関係なく膣内部から液体が溢れてくる。俗に言う『潮吹き』を体験しやすい。

中イキのキーポイントとしては、中イキをしたいならいかにポルチオとGスポットを的確に刺激できるかに尽きると思います。

わたしの場合は、ずっと外イキで中イキの概念はありませんでした。
しかし中イキを知ってしまったら逆に外イキではイキにくくなってしまうという始末に。。。(汗)

Gスポットよりもポルチオの方が感度がよく刺激が続くと、中イキをしてしまいます。(恥)

しかし難点が……。。

自分の指では、ポルチオまで届かない(泣)

この点についてはまた別の機会に解消方法や、ポルチオの開発など記事にしたいと思います。
あくまで、わたしの視点ですが。。

6. イケない理由

ここまで説明してきた『外イキ』、『中イキ』ですが、イクということを経験したことがない女性がいるのも事実。。
どうしてイケない女性が多いのでしょうか?

わたしの実体験で考察してみます♪

  • 男性が早漏だった。
    イクまでに男性がイってしまうと不完全燃焼に陥り、イケないことに加えて欲求不満が増す。
    男性のみなさん耳が痛くなったらごめんなさい。(謝)
  • 気持ちのいい部分を刺激してくれなかった。
    男性の中には、動画のように、力任せで雑な刺激を与えようとしてくる人もいました。
    激しくしても気持ち良くないし、場合によっては痛くて萎えてしまった。(悲)
    気持ち良くなりたいのに痛みを感じてしまうと、イクにイケない状態になっていました。
  • ムードが足りなかった。
    女性はムードを尊重する生き物です。
    すべての人がそうかというと、そうではないかもしれませんが、わたしも含めそんな女性は多いと思います。
    しかし、動画を教科書にした経験の少ない男性の多くは、自分なりに動画ベースでSEXのテンプレートを持つ傾向にあり、そのテンプレートを疑っていないように思いました。(泣)
    例えば、わたしは『かわいいよ♡』、『痛くない?』、『こっちおいで♡』、『キスしよ♡』…みたいなのに憧れます。(笑)
    高望みでしょうか……(泣)
    しかし、無言で動画をマネされても、女性としては悲しいです。。。

わたしの場合はこんな感じでイケませんでした。(泣)
逆にこれらが解消された瞬間に中イキすることができました!

早漏に関しては個人差もありどうしようもない部分だと思います。
しかし厚手のコンドームの使用で改善できますし、前戯でムードを高めることができるのでそんなに問題には感じません。
どちらかというと、『優しく触れてもらう、『大事にしてくれる、『言葉で喜ばせてくれる』が重要!!

いくつになっても女性として扱ってほしい気持ちは、女性なら納得してもらえると思います。。
その気持ちを女性からは言いにくいんです。(汗)

7. まとめ

どうでしたか?

今回はあくまで女性のわたしの視点で記事にしました。
男性のみなさんは、『えっ!?そうだったの??、女性のみなさんは、『あ~!わかる!!』なんて思っていただけましたでしょうか??

SEXは幸福ホルモンと呼ばれる『セロトニン』や、美人ホルモンと呼ばれる『エストロゲン』、『プロゲステロン』を分泌してくれます。
これらは女性の美容に関係のあるホルモンです。

オーガズムに達することで、女性は内面からも外面からも美しくなるのです♪
特に中イキSEXは幸福感が強く心と体を美しくしてくれます。

男性のみなさん!

女性は愛してくれていることが実感できれば、その分だけ気持ちよくしてあげたいと思うんですよ。
逆に注文が多かったり、思いやりが感じられなかったりすると、あまのじゃくになったりもします(笑)

自分一人ではなく、一緒に気持ちよくなることを忘れなければきっと満足したSEXができると思います♪

可愛い彼女のためにも、貴重な中イキ男子に変身してみませんか??

良かったら押してください♪ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-女子のエッチトーク

Copyright© Love juice , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。